FC2ブログ

ProjectEulerを斬る!問12

Problem 12
08 March 2002

The sequence of triangle numbers is generated by adding the natural numbers. So the 7^(th) triangle number would be 1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 = 28. The first ten terms would be:

1, 3, 6, 10, 15, 21, 28, 36, 45, 55, ...

Let us list the factors of the first seven triangle numbers:

1: 1
3: 1,3
6: 1,2,3,6
10: 1,2,5,10
15: 1,3,5,15
21: 1,3,7,21
28: 1,2,4,7,14,28

We can see that 28 is the first triangle number to have over five divisors.

What is the value of the first triangle number to have over five hundred divisors?

三角数数列は自然数を足し加えることで作り出すことができます。
なので、7つ目の三角数は1 + 2 + 3 + 4 + 5 + 6 + 7 = 28となります。
最初の10つの三角数数列は1, 3, 6, 10, 15, 21, 28, 36, 45, 55, ...のようになります。

では、最初の7つの三角数の約数を見ていきましょう。
1: 1
3: 1,3
6: 1,2,3,6
10: 1,2,5,10
15: 1,3,5,15
21: 1,3,7,21
28: 1,2,4,7,14,28
上からもわかるように、三角数で最初に約数の数が5つを超えるものは28です。
では最初に500つの約数を超える三角数はいくつでしょうか。(日本語訳PNN)




using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
int tri = 0;
int n_fact = 0;
for (int i = 1; n_fact <= 500; i++)
{
tri += i;
n_fact = 2;
for (int j = 2; j <= Math.Sqrt(tri); j++)
{
if ((int)(tri / j) * j == tri)
{
n_fact += 2;
}
}
}
Console.WriteLine(tri);
Console.ReadLine();
}
}
}

出力結果:76576500
↑ちょっと面白い数字
スポンサーサイト



ProjectEulerを斬る!問11

Problem 11
22 February 2002

In the 20×20 grid below, four numbers along a diagonal line have been marked in red.

08 02 22 97 38 15 00 40 00 75 04 05 07 78 52 12 50 77 91 08
49 49 99 40 17 81 18 57 60 87 17 40 98 43 69 48 04 56 62 00
81 49 31 73 55 79 14 29 93 71 40 67 53 88 30 03 49 13 36 65
52 70 95 23 04 60 11 42 69 24 68 56 01 32 56 71 37 02 36 91
22 31 16 71 51 67 63 89 41 92 36 54 22 40 40 28 66 33 13 80
24 47 32 60 99 03 45 02 44 75 33 53 78 36 84 20 35 17 12 50
32 98 81 28 64 23 67 10 26 38 40 67 59 54 70 66 18 38 64 70
67 26 20 68 02 62 12 20 95 63 94 39 63 08 40 91 66 49 94 21
24 55 58 05 66 73 99 26 97 17 78 78 96 83 14 88 34 89 63 72
21 36 23 09 75 00 76 44 20 45 35 14 00 61 33 97 34 31 33 95
78 17 53 28 22 75 31 67 15 94 03 80 04 62 16 14 09 53 56 92
16 39 05 42 96 35 31 47 55 58 88 24 00 17 54 24 36 29 85 57
86 56 00 48 35 71 89 07 05 44 44 37 44 60 21 58 51 54 17 58
19 80 81 68 05 94 47 69 28 73 92 13 86 52 17 77 04 89 55 40
04 52 08 83 97 35 99 16 07 97 57 32 16 26 26 79 33 27 98 66
88 36 68 87 57 62 20 72 03 46 33 67 46 55 12 32 63 93 53 69
04 42 16 73 38 25 39 11 24 94 72 18 08 46 29 32 40 62 76 36
20 69 36 41 72 30 23 88 34 62 99 69 82 67 59 85 74 04 36 16
20 73 35 29 78 31 90 01 74 31 49 71 48 86 81 16 23 57 05 54
01 70 54 71 83 51 54 69 16 92 33 48 61 43 52 01 89 19 67 48

The product of these numbers is 26 × 63 × 78 × 14 = 1788696.

What is the greatest product of four adjacent numbers in any direction (up, down, left, right, or diagonally) in the 20×20 grid?

下も20*20の格子を示しました。4つの同一斜線部分の数字を赤で示しています。
これらの数字の積は26 × 63 × 78 × 14 = 1788696です。
どのような方向(縦、横、斜め)でもよいので、この20*20の格子の中で隣り合う4つの数字の積のなかで、最も大きくなるものを求めなさい。(日本語訳PNN)




using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
string note;
note = "08 02 22 97 38 15 00 40 00 75 04 05 07 78 52 12 50 77 91 08 ";
note += "49 49 99 40 17 81 18 57 60 87 17 40 98 43 69 48 04 56 62 00 ";
note += "81 49 31 73 55 79 14 29 93 71 40 67 53 88 30 03 49 13 36 65 ";
note += "52 70 95 23 04 60 11 42 69 24 68 56 01 32 56 71 37 02 36 91 ";
note += "22 31 16 71 51 67 63 89 41 92 36 54 22 40 40 28 66 33 13 80 ";
note += "24 47 32 60 99 03 45 02 44 75 33 53 78 36 84 20 35 17 12 50 ";
note += "32 98 81 28 64 23 67 10 26 38 40 67 59 54 70 66 18 38 64 70 ";
note += "67 26 20 68 02 62 12 20 95 63 94 39 63 08 40 91 66 49 94 21 ";
note += "24 55 58 05 66 73 99 26 97 17 78 78 96 83 14 88 34 89 63 72 ";
note += "21 36 23 09 75 00 76 44 20 45 35 14 00 61 33 97 34 31 33 95 ";
note += "78 17 53 28 22 75 31 67 15 94 03 80 04 62 16 14 09 53 56 92 ";
note += "16 39 05 42 96 35 31 47 55 58 88 24 00 17 54 24 36 29 85 57 ";
note += "86 56 00 48 35 71 89 07 05 44 44 37 44 60 21 58 51 54 17 58 ";
note += "19 80 81 68 05 94 47 69 28 73 92 13 86 52 17 77 04 89 55 40 ";
note += "04 52 08 83 97 35 99 16 07 97 57 32 16 26 26 79 33 27 98 66 ";
note += "88 36 68 87 57 62 20 72 03 46 33 67 46 55 12 32 63 93 53 69 ";
note += "04 42 16 73 38 25 39 11 24 94 72 18 08 46 29 32 40 62 76 36 ";
note += "20 69 36 41 72 30 23 88 34 62 99 69 82 67 59 85 74 04 36 16 ";
note += "20 73 35 29 78 31 90 01 74 31 49 71 48 86 81 16 23 57 05 54 ";
note += "01 70 54 71 83 51 54 69 16 92 33 48 61 43 52 01 89 19 67 48 ";

int[,] grid = new int[20,20];
for (int i = 0; i<= 19; i++)
{
for (int j = 0; j <= 19; j++)
{
grid[j,i] = int.Parse(note.Substring(j*3 + i*60, 2));
}
}

int max = 0;
int cal = 0;
for (int i = 0; i <= 19; i++)
{
for (int j = 0; j <= 19; j++)
{
if (19 - j - 3 >= 0)
{
cal = grid[j, i] * grid[j + 1, i] * grid[j + 2, i] * grid[j + 3, i];
if (cal >= max)
{
max = cal;
}
}
if (19 - i - 3 >= 0)
{
cal = grid[j, i] * grid[j, i + 1] * grid[j, i + 2] * grid[j, i + 3];
if (cal >= max)
{
max = cal;
}
}
if (19 - i - 3 >= 0 && 19 - j - 3 >= 0)
{
cal = grid[j, i] * grid[j + 1, i + 1] * grid[j + 2, i + 2] * grid[j + 3, i + 3];
if (cal >= max)
{
max = cal;
}
}
if (19 - i - 3 >= 0 && j >= 3)
{
cal = grid[j, i] * grid[j -1, i + 1] * grid[j - 2, i + 2] * grid[j - 3, i + 3];
if (cal >= max)
{
max = cal;
}
}
}
}
Console.WriteLine(max);
Console.ReadLine();
}
}
}

出力結果:70600674

ProjectEulerを斬る!問10

Problem 10
08 February 2002

The sum of the primes below 10 is 2 + 3 + 5 + 7 = 17.

Find the sum of all the primes below two million.

10までの素数の総和は2+3+5+7=17です。
2000000までの素数の総和を求めなさい。(日本語訳PNN)




using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
double sum = 2;
int req = 2000000;

for (double prime = 3; prime <= req; prime += 2)
{
bool b_prime = true;
if ((int)(prime / 2) * 2 == prime)
{
b_prime = false;
}
else
{
for (double i = 3; i <= Math.Sqrt(prime); i += 2)
{
if ((int)(prime / i) * i == prime)
{
b_prime = false;
break;
}
}
}
if (b_prime == true)
{
sum += prime;
}
}
Console.WriteLine(sum);
Console.ReadLine();
}
}
}

出力結果:142913828922

ProjectEulerを斬る!問9

Problem 9
25 January 2002

A Pythagorean triplet is a set of three natural numbers, a < b < c, for which,
a^(2) + b^(2) = c^(2)

For example, 3^(2) + 4^(2) = 9 + 16 = 25 = 5^(2).

There exists exactly one Pythagorean triplet for which a + b + c = 1000.
Find the product abc.

ピタゴラス数の3つの組というものはa<b<cが成り立っていてかつa^2+b^2=c^2が成り立っている3つの数字の組を言います。
例えば、 3^2 + 4~2=9+16=25=5^2
a+b+c=1000を満たすピタゴラス数の3つの組が存在します。そのabcの積を求めなさい。
(日本語訳PNN)




using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
int a = 0;
int b = 0;
int c = 0;
for (int n = 2; a + b + c != 1000; n ++)
{
for (int m = 1; m < n; m ++)
{
//nとmが互いに素かどうかを確かめる
bool b_coprime = true;
if ((int)(n / 2) * 2 == n && (int)(m / 2) * 2 == m)
{
b_coprime = false;
}
else
{
int p = m;
if ((int)(m / 2) * 2 == m)
{
for (int q = m; (int)(p / 2) * 2 == p;)
{
p /= 2;
}
}
for (int q = 3; q <= p; q += 2)
{
if ((int)(p/q)*q==p&&(int)(n/q)*q==n)
{
b_coprime = false;
}
}
}
/*確認
if (b_coprime == true)
{
Console.WriteLine(n.ToString() + "," + m.ToString() + ":" + b_coprime);
Console.ReadLine();
}*/

//mとnが同時に偶数、奇数である場合は計算しない
bool b_nm_oe = false;
if ((int)(n / 2) * 2 == n && (int)(m / 2) * 2 == m)
{
b_nm_oe = true;
}
if ((int)(n / 2) * 2 != n && (int)(m / 2) * 2 != m)
{
b_nm_oe = true;
}

if (b_coprime == true && b_nm_oe == false)
{
a = n * n - m * m;
b = 2 * n * m;
c = n * n + m * m;
Console.WriteLine(a.ToString() + "," + b.ToString() + "," + c.ToString() + ":" + (a + b + c).ToString());
Console.ReadLine();
}
}
}
Console.WriteLine(a * b * c);
}
}
}


???出てこないぞー、互いに素を求めるアルゴリズムは結構工夫したぞー。なんでかな~なんでかな~
なんかすっごく嫌な予感がするな~怖いな~やだな~
なんて思ったので組みなおしてみた。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
int a = 0; int b = 0; int c = 0;
int req = 1000;
bool ans = false;
for (int i = 1; i <= req; i++)
{
for (int j = i + 1; j <= req; j++)
{
int k = req - i - j;
if (i * i + j * j == k * k)
{
if (i + j + k == req)
{
a = i; b = j; c = k;
ans = true;
}
break;
}
if (j > k)
{
break;
}
}
}
Console.WriteLine(a.ToString()+","+b.ToString()+","+c.ToString());
Console.WriteLine((a*b*c).ToString());
Console.ReadLine();
}
}
}

出力結果:31875000

結果的に言えば、互いに素とかややこしい事は一切考える必要はなかった。
というのは、この積が出るときのピタゴラス数が、200、375、425なのだ。
見た瞬間5が公約数にあることがわかる。

互いに素判定アルゴリズムなんていらんかったんや・・・
はあ、なんか疲れてきたけど、まあ、このアルゴリズムもいつかは役に立つだろう!
ポジティブポジティブwww

ProjectEulerを斬る!問8

Find the greatest product of five consecutive digits in the 1000-digit number.

73167176531330624919225119674426574742355349194934
96983520312774506326239578318016984801869478851843
85861560789112949495459501737958331952853208805511
12540698747158523863050715693290963295227443043557
66896648950445244523161731856403098711121722383113
62229893423380308135336276614282806444486645238749
30358907296290491560440772390713810515859307960866
70172427121883998797908792274921901699720888093776
65727333001053367881220235421809751254540594752243
52584907711670556013604839586446706324415722155397
53697817977846174064955149290862569321978468622482
83972241375657056057490261407972968652414535100474
82166370484403199890008895243450658541227588666881
16427171479924442928230863465674813919123162824586
17866458359124566529476545682848912883142607690042
24219022671055626321111109370544217506941658960408
07198403850962455444362981230987879927244284909188
84580156166097919133875499200524063689912560717606
05886116467109405077541002256983155200055935729725
71636269561882670428252483600823257530420752963450

下の1000桁の数字の中から、5つの連続した数字の最も大きな積を見つけなさい。
(日本語訳PNN)




using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
string q = "7316717653133062491922511967442657474235534919493496983520312774506326239578318016984801869478851843858615607891129494954595017379583319528532088055111254069874715852386305071569329096329522744304355766896648950445244523161731856403098711121722383113622298934233803081353362766142828064444866452387493035890729629049156044077239071381051585930796086670172427121883998797908792274921901699720888093776657273330010533678812202354218097512545405947522435258490771167055601360483958644670632441572215539753697817977846174064955149290862569321978468622482839722413756570560574902614079729686524145351004748216637048440319989000889524345065854122758866688116427171479924442928230863465674813919123162824586178664583591245665294765456828489128831426076900422421902267105562632111110937054421750694165896040807198403850962455444362981230987879927244284909188845801561660979191338754992005240636899125607176060588611646710940507754100225698315520005593572972571636269561882670428252483600823257530420752963450";
int max = 0;
int p = 0;
for (int i = 1; i <= q.Length - 5; i++ )
{
p = 1;
for (int j = 0; j <= 4; j++)
{
p = p * int.Parse(q.Substring(i + j,1));
Console.Write(p.ToString() + "*");
}
Console.WriteLine();
if (p >= max)
{
max = p;
}
}
Console.WriteLine(max);
Console.ReadLine();
}
}
}

出力結果:40824

ProjectEulerを斬る!問7

Problem 7
28 December 2001

By listing the first six prime numbers: 2, 3, 5, 7, 11, and 13, we can see that the 6^(th) prime is 13.

What is the 10001^(st) prime number?

最初の6つの素数をリストアップしてみると2,3,5,7,11,13となり、6番目の素数は13であることがわかります。
では10001番目の素数はいくつでしょうか。



これは結構処理に時間が掛かりそうですから、余計な演算を出来る限るそぎとる感じで行きましょう。


using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
int num = 2;
double prime = 0;
for (double i = 3; num <= 10001; i += 2)
{
bool b_prime = true;
for (double j = 3; j <= Math.Sqrt(i); j += 2)
{
if (Math.Floor(i / j) == Math.Ceiling(i / j))
{
b_prime = false;
break;
}
}
if (b_prime==true)
{
prime = i;
num ++;
}
}
Console.WriteLine(prime);
Console.ReadLine();
}
}
}


出力結果:104743

意外に時間はかからなかった。

ProjectEulerを斬る!問6

The sum of the squares of the first ten natural numbers is,
1^(2) + 2^(2) + ... + 10^(2) = 385

The square of the sum of the first ten natural numbers is,
(1 + 2 + ... + 10)^(2) = 55^(2) = 3025

Hence the difference between the sum of the squares of the first ten natural numbers and the square of the sum is 3025 - 385 = 2640.

Find the difference between the sum of the squares of the first one hundred natural numbers and the square of the sum.

最初の10つの自然数の平方の和は
1^2 + 2^2 + ....+10^2 =385
最初の10つの自然数の和の平方は
(1+2....+10)^2 = 3025
故に、最初の10つの自然数の平方の和と、和の平方の差は
3025-385=2640となります。
では最初の100つの自然数の平方の和と和の平方の差はいくらになるでしょう。
(日本語訳PNN)



簡単すぎw

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
double suma = 0;
double sumb = 0;
for (int i = 1; i <= 100; i++)
{
suma += i * i;
sumb += i;
}
sumb = sumb * sumb;
Console.WriteLine(Math.Abs(suma - sumb));
Console.ReadLine();
}
}
}

出力結果:25164150

ProjectEulerを斬る!問5

Problem 5
30 November 2001

2520 is the smallest number that can be divided by each of the numbers from 1 to 10 without any remainder.

What is the smallest positive number that is evenly divisible by all of the numbers from 1 to 20?

2520は1から10の整数全てで割り切れる最小の数です。(つまり最小公倍数)
では1から20の整数全てで割り切れる最小の数は幾つでしょう。
(日本語訳PNN)




using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
/*
2520 is the smallest number that can be divided by each of the numbers from 1 to 10 without any remainder.

What is the smallest positive number that is evenly divisible by all of the numbers from 1 to 20?
*/
namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
int a = 20;

//2-20までの素数表作成
int yousosu = 2;
bool b_sosu = true;
int[] sosu = new int[2];
sosu[0] = 2;
sosu[1] = 3;
for (int i = 5; i <= a; i += 2)
{
int k = 0;
for (int j = 1; j <= yousosu - 1; j++)
{
if ((int)(i / sosu[j]) * sosu[j] == i)
{
b_sosu = false;
}
k = j;
}
if (b_sosu != false)
{
for (int j = sosu[k]; j <= Math.Sqrt(a); j += 2)
{
if ((int)(i / j) * j == i)
{
b_sosu = false;
}
}
}
if (b_sosu == true)
{
sosu.CopyTo(sosu = new int[yousosu+1],0);
sosu[yousosu] = i;
yousosu++;
}
else
{
b_sosu = true;
}
}

/*きちんと素数配列が出来ているかの✔
for (int i = 0; i <= yousosu -1; i++)
{
Console.WriteLine(sosu[i]);
}
Console.ReadLine();
*/

//最小公倍数を求める
int[,] yakusu = new int[21,21];
for (int i = 2; i <= a; i++)
{
int b = i;
for (int j = 0; j <= yousosu - 1; j++)
{
for (int k = 0; k >= 0; k = k)
{
if ((int)(b / sosu[j]) * sosu[j] == b)
{
yakusu[i, j]++;
b = b / sosu[j];
}
else
{
break;
}
}
if (b == 1)
{
break;
}

}
}
/*きちんと分配出来てるか確認
for (int i = 2; i <= a; i++)
{
Console.Write(i.ToString() + " : ");
for (int j = 0; j <= yousosu - 1; j++)
{
Console.Write(yakusu[i, j].ToString() + ",");
}
Console.Write("\n");
}
Console.ReadLine();*/

int[] max = new int[yousosu];
for (int i = 0; i <= yousosu - 1; i++)
{
for (int j = 2; j <= a; j++)
{
if (yakusu[j, i] >= max[i])
{
max[i] = yakusu[j, i];
}
}
}
/*確認*/
int kekka = 1;
for (int i = 0; i <= yousosu-1; i++)
{
kekka = kekka * (int)Math.Pow(sosu[i],max[i]);
}
Console.WriteLine(kekka);
Console.ReadLine();
}
}
}


出力結果:232792560
まず最初に1から20までの素数表の作成をして、すると1から20までの数字は必ずその素数の乗数の積で表されます。最小公倍数は、その各々の素数の乗数の最も大きい物の積でありますからそれで計算しています。

次の画像を見てください。
無題

つまり出力結果の232792560=2^4 * 3~2 * 5 * 7 * 11 * 13 * 17 * 19ということです。

ProjectEulerを斬る!問4

Problem 4
16 November 2001

A palindromic number reads the same both ways. The largest palindrome made from the product of two 2-digit numbers is 9009 = 91 × 99.

Find the largest palindrome made from the product of two 3-digit numbers.

ある回文数は前から読んでも後ろから読んでも同じ数です。(例:13531とか169961)wiki
2桁の数字の積で一番大きくなる回文数は9009で91*99。
では3桁の数字の積で一番大きくなる回文数を求めましょう。(日本語訳PNN)




using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;

/*
Problem 4
16 November 2001

A palindromic number reads the same both ways. The largest palindrome made from the product of two 2-digit numbers is 9009 = 91 × 99.

Find the largest palindrome made from the product of two 3-digit numbers.
*/
namespace ConsoleApplication1
{
class Program
{
static void Main(string[] args)
{
double a = 999;
double b = 0;
double max = 0;
string maxstr = "";
for (double i = 0; i <= a; i++)
{
for (double j = 0; j <= i; j++)
{
b = (a - i) * (a - j);

//回文数か判断する処理
bool kaibun = true;
double c = b;
int[] keta = new int[b.ToString().Length+1];
for (int k = 1; k <= b.ToString().Length; k++)
{
keta[k] = int.Parse(b.ToString().Substring(k-1, 1));
}

if ((int)(b.ToString().Length / 2) * 2 == b.ToString().Length)
{
for (int l = 1; l <= b.ToString().Length / 2; l++)
{
if (keta[l] != keta[b.ToString().Length - l + 1])
{
kaibun = false;
break;
}
}
}
else
{
for (int l = 1; l <= (int)(b.ToString().Length / 2); l++)
{
if (keta[l] != keta[b.ToString().Length - l + 1])
{
kaibun = false;
break;
}
}
}

if (kaibun == true)
{
if (b >= max)
{
max = b;
maxstr = b.ToString() + " = " + (a - i).ToString() + " * " + (a - j).ToString();
}
}
}
}
Console.WriteLine(maxstr);
Console.ReadLine();
}
}
}

出力結果:906609 = 913 * 993

ProjectEulerを斬る!問3

Problem 3
02 November 2001

The prime factors of 13195 are 5, 7, 13 and 29.

What is the largest prime factor of the number 600851475143 ?

13195の素因数は5,7,13,29です。
600851475143の最も大きい素因数はいくつでしょうか。
(日本語訳:PNN)




a = 600851475143
l = 0
repeat sqrt(a) - 1
b = cnt + 2
if int(a/b)*b == a {
a = a/b
l = b
if a == 1 : break
}
loop

input l


出力結果:・・・・0
HSPの変数型では600851475143はあまりにも大きすぎるみたいです。

困りましたね・・・
じゃあ、C#で解くことにしましょう!

/*
Problem 3
02 November 2001

The prime factors of 13195 are 5, 7, 13 and 29.

What is the largest prime factor of the number 600851475143 ?
*/

using System;
namespace p
{
class kaiho
{
static void Main()
{
double a = 600851475143;
double b = a;
double l = 0;

//Console.WriteLine(Math.Sqrt(a));
for (double i = 2; i < Math.Ceiling(Math.Sqrt(b)); i++)
{
if (Math.Floor(a / i) == Math.Ceiling(a / i))
{
a = a / i;
if (a == 1)
{
l = i;
break;
}
}
}
Console.WriteLine(l);
Console.ReadKey();
}
}
}

出力結果:6857

for (double i = 2; i < Math.Ceiling(Math.Sqrt(b)); i++)
これは素数判定でよく使うテクニックですね。ある数の素因数は、その平方根より大きくなることはないという性質を利用したものです。今回の解答には必要ありませんが、一応テクニックとして紹介しておきます。

ProjectEulerを斬る!Problem2

Problem 2
19 October 2001

Each new term in the Fibonacci sequence is generated by adding the previous two terms. By starting with 1 and 2, the first 10 terms will be:

1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, ...

By considering the terms in the Fibonacci sequence whose values do not exceed four million, find the sum of the even-valued terms.

新たなフィボナッチ数列の要素はその前の2つの要素を足し合わせることでできます。Wiki
1と2から始まって最初の10つの数列の要素は・・・
1,2,3,5,8,13,21,34,55,89・・・となります。
今、4000000を越さないフィボナッチ数列の要素を考えます、そのなかで偶数の要素の総和を求めなさい。
(日本語訳PNN)




dim a,3
a(0)=0
a(1)=1
a(2)=2

sum = a(2)

repeat
a(0) = a(1) + a(2)
if a(0)>4000000 {
break
}

if int(a(0)/2)*2 == a(0) {
sum += a(0)
}
a(1) = a(2)
a(2) = a(0)
loop

input sum


出力結果:4613732

フィボナッチ数列は隣り合う要素の比が黄金比に近づいていくことが知られています。

ProjectEulerを斬る!Problem1

このシリーズはProjectEulerの問題をHSPで解いていこうというものです。

では、早速問題を解いていくことにしましょう。

Problem 1
05 October 2001

If we list all the natural numbers below 10 that are multiples of 3 or 5, we get 3, 5, 6 and 9. The sum of these multiples is 23.

Find the sum of all the multiples of 3 or 5 below 1000.

10未満の数字で3と5の倍数は3,5,6,9です。その総和は23になります。
では1000未満の数字で3と5の倍数の総和は幾つになるでしょう。(日本語訳PNN)




a = 0
repeat 1000
if int(cnt/3)*3==cnt {
a += cnt
}
else {
if int(cnt/5)*5==cnt {
a += cnt
}
}
loop
input a


出力結果:233168

このint(cnt/n)*n==cntというのは、私がN88Basic時代に多用していた技で
intというのはそのカッコで括られた部分の式の値の整数値を返すというもので、
例えばint(5.8)=5となり、int(1.0)=1、int(1.3)=1というふうになります。
nの倍数aというのは、aはnでわると整数値を返すというものなので、
int(a/n)=nとなります。例を挙げるとint(8/2)=int(4)=8/2というものです。

逆に、aがnの倍数でないというのは、int(a/n)≠nということになります。
例を挙げるとint(5/2)=int(2.5)≠5/2ということです。

これを利用してaがn(3,5)の倍数かどうかを見極めているのです。

C#勉強中なう

image





この本読んで勉強中。しっかし理屈が詳しく書いてないのでちょっとわかり辛いけど、じっくりと読むと、どのコードがどうしているのかが分かってきてかなり面白い。



今やってるコード

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;

namespace WindowsFormsApplication1
{
public partial class Form1 : Form
{
public Form1()
{
InitializeComponent();
}

Image plane1;

private void Form1_Load(object sender, EventArgs e)
{
Text = "Plane FLY!";
Width = 550; Height = 400;
Left = (Screen.PrimaryScreen.Bounds.Width - Width) / 2;
Top = (Screen.PrimaryScreen.Bounds.Height - Height) / 2;
BackColor = Color.Gray;
plane1 = Image.FromFile("Plane.gif");

pictureBox1.Image = Image.FromFile("plane.gif");
pictureBox1.BackColor = Color.Gray;
pictureBox1.Left = 10;
pictureBox1.Top = 50;
pictureBox1.Visible = false;

button1.SetBounds(200, 320, 62, 31);
button2.SetBounds(300, 320, 62, 31);
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{
Graphics gp = pictureBox1.CreateGraphics();

timer1.Interval = 200;
timer1.Enabled = true;
timer2.Interval = 200;
timer2.Enabled = true;

pictureBox1.Visible = true;
gp.Dispose();
}

private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e)
{
pictureBox1.Left += 10;

if(pictureBox1.Left > Width) {
pictureBox1.Left = 10;
}
}

bool flag = true;
private void button2_Click(object sender, EventArgs e)
{
flag = !flag;

if (flag == true)
{
pictureBox1.Visible = true;
}
else
{
pictureBox1.Visible = false;
}
}

int px = 10, py = 100;
int oldpx = 10;
private void timer2_Tick(object sender, EventArgs e)
{
Graphics g = CreateGraphics();
g.FillRectangle(Brushes.Cyan, oldpx, py, plane1.Width, plane1.Height);

if (px > 550)
{
px = -10;
}
px += 10;
oldpx = px;

g.DrawImage(plane1, new Rectangle(px, py, plane1.Width, plane1.Height));
g.Dispose();
}
}
}

アイマスの原曲

9.18があってからアイマス界隈では色々なことがありました。

まあ、そんな事は今はどうでもいいんですけど、アイマスの原曲は本当に色々なところからきています。

私はあんまり音楽には詳しくないので、音楽好きなファンがリクエストした曲を聞いて、「この曲は原曲なんなんだろう」と気になることが多く、そして、検索してみて意外なグループが歌っている事を知って驚くことも少なくないです。

最近驚いたのはこれ

image



foobar2000の表示が色々おかしいですが、一応カスタム途中なのでということにしておきます。

このスウィートドーナッツって曲はパヒュームの曲らしいですね。

今とは全然曲風が違う・・・というほどこのグループには詳しくないのですが、パヒュームが原曲か!なんてちょっと驚いたりしました。

わざわざ、あんな機械音みたいな声にしなくても十分可愛らしくて良い歌声だと思うのですけどね・・・まあ、余計なお世話でしょう。

他にはこれ




 

最後に、今、私のイチオシのアイドル

可愛すぎるだろ常識的に考えて・・・俺のオカンとおんなじぐらいの年齢の方だが・・・

俺は生まれるのが少し遅かったようだorz

ちょっと頭の体操?

簡単だって言うからやってみたけど - 零客痩地:
ここで紹介されていた問題をやってみました。

;20110128:02:03 - 20110128:02:17
a = 0
b = ""
objsize 300,20
input a
input b
button gosub "Go",*hondai
stop

*hondai
sdim card,a
counter = 0
repeat
if strlen(b)==0 : break
card(counter) += strmid(b,0,1)
b = strmid(b,1,strlen(b)-1)
counter ++
if counter > a-1 {
counter = 0
if strlen(b) < a : break
}
loop

color 255,255,255 : boxf
color 0,0,0
repeat a
pos 0,cnt *20 + 60 : mes card(cnt)
loop
return

実行結果
無題

しっかしaとかbって、急いでいるとまともな変数名も思いつかないもんですねw
この問題10分で解けないといけないらしいですけど14分かかりましたorz

ん?何関数になってないじゃん?大丈夫!HSPは全ての変数がグローバルだから、チャンチャン。

FireFoxでのFloatすると背景色が反映されないの解決法

さっきも書いたけど、FireFoxでは親のDivに内包される子のDivがFloatされると、親のDivで指定した背景色が反映されなくなるというバグが存在するらしい。
その解決方法として、親のDivに高さを指定してやればいいらしい。

↓書き換える前

/*
ブログトップロゴとgoogleカスタム検索の2カラム化
*/
#Blog_Top{
clear:both;
background-color:#eeeeee;
width:100%;
}

#Blog_Title{
margin:0;
width:70%;
float:left;
}
#Blog_Top_Search{
padding-top:1em;
width:30%;
float:right;
}


↓書き換えたあと

/*
ブログトップロゴとgoogleカスタム検索の2カラム化
*/
#Blog_Top{
clear:both;
background-color:#eeeeee;
width:100%;
height:3em;       ←ここを書き加えた
}

#Blog_Title{
margin:0;
width:70%;
float:left;
}
#Blog_Top_Search{
padding-top:1em;
width:30%;
float:right;
}

ぶぶチャチャとか

ぶぶチャチャって知ってますか?

私このOPとEDがとても好きなのですが、いかんせんかなり子供向けの番組なので友人には中々話せないでいます。

今見ても、なんとなく私の幼少時代のことが思われて、中々感傷的な気分になれるホンワカとしたアニメです。

将来的にはこれのSSも書きたいかな。

日本人と酒

 その昔、日本ではどぶろくというお酒の一種が民間で作られていたという話は皆さんご存知のことだと思います。

 そして、現在日本でアルコール度数1%以上の造酒が禁じられているというのも、みなさんよくご存知のことだと思います。

 これは、過去に酒税が日本の主要な税収減であったことが、おそらく大きな影響を及ぼしているからなのでしょうが、知識欲的に、この民間造酒に関して興味が湧いてきたので調べてみることにしました。

当然、現在日本で1%のアルコールを製造することは売る売らないを問わず犯罪になるのでそのへんをよくご理解していただいた上でこの記事をお読みになってください

 まず、どぶろくとは一体何なのか、ここからおはなしを始めましょう。いつものようにWikiからの引用です。

 この酒は米を使った酒類では最も素朴な形態の物と言われ、一般の酒店でも購入可能な濁り酒に近い。これを沈殿濾過する事で清酒を作る事も可能だが、清酒になる程には漉さずに飲用する。清酒に比べ濾過が不十分であるため、未発酵の米に含まれる澱粉や、澱粉が分解した糖により、ほんのり甘い風味であるが、アルコール度は清酒と同程度の14~17度にもなるため、口当たりのよさがあだとなってつい飲み過ごして悪酔いしやすい。
wikipedia



 うむ~。文章だけでは少々分かりづらい気もするので、実際にどのようなものかを動画で見ることにしましょう。

 上の動画のように、炭酸飲料のように激しく発砲するのが特徴です。しかもその原理は炭酸飲料のそれと全く同じです。その泡の正体は酵母によって生成された二酸化炭素だからです。

 どぶろくに限らず、日本のお酒というものは、外国のそれとは少々お酒になるまでのプロセスが違います。

 海外の例としてワインをあげることにします。ワインの原材料は当然ぶどうです。甘いです。
 またもうひとつの例としてビールを上げましょう。麦芽はそれほど甘くありません。しかし、ビールの製造工程では、まず原材料の麦芽をアミラーゼという私たちの唾液にも含まれているのと同じ名前(作用は一緒)の酵素を反応させて生成された液体を発酵させて作ります。当然、酵素によって糖化されたその液体は非常に甘いです。

 しかしながら、日本酒はどうでしょうか。日本酒の原材料の米は甘いですか?お米にも味があって、当然噛んでいれば甘さが感じられる!そういった声も聞こえてきそうですが、単純に比較の話で、米は当然ながらぶどうジュースや、アミラーゼを反応させた麦芽に比べると甘さが劣ります。

 日本のお酒は、実は原材料の米の糖化と発酵が同時に進行する、世界でも珍しいお酒の生成プロセスを経るお酒なのです。

 日本酒の生成プロセスを単純に表記してしまうと以下のようになります。
 
 米 → 糖 → アルコール
 
 米を糖にするには、日本酒では麹菌を使います。麹の生成する酵素が米のデンプン質を糖に分解するのです。
 そして糖をアルコールに変えるのが、酵母菌の働きなのです。

 つまり、生成中の日本酒の中には、この酵母菌と麹菌が共存しているということになります。

 まあ、ここまで日本酒の生成プロセスを実に単純化してお話ししました。
 では、古来日本で行われていた闇酒、つまりどぶろくはどのように作るのでしょうか。
 
 ネットで色々検索しているうちに非常に興味深いページをいくつも見つけることが出来ましたのでそれをもとにお話ししていきたいと思います。
 
 どぶろくを作るのに必要なものは、
 
 まずは必須アイテムとして、米、麹、酵母(パンを作るときにつかうドライイーストでも構いません)、どぶろくを醸すための容器(梅酒をつけるためのあの大きな容器が便利だそうです。)

 

 これらの材料が何故必要なのかが先ほどお話ししたとおりです。

 理論的に言えばたしかにこの材料だけでできてしまいそうな気もしますが、それに加えておいたほうが良いものが結構あります。

 それは砂糖です。

 話がそれますが、先進国の中でも未だに個人で造酒することが禁じられている国は日本だけです。違法であるがゆえに日本語の資料は非常に少なく、情報交換の掲示板も非常に少ないのです。
 海外では、例えばミードという薄めた蜂蜜に酵母をいれておいておいただけの非常に簡単にできてしまうお酒専門の掲示板があったりします。そこで様々な情報のやりとりが行われていて、レシピのやりとりなど中々見ていて飽きないものでした。実はこのミードというお酒は、北欧の国では新婚の女性が漬けることで知られていて、ミードがうまく作れる女性はいい嫁さんになるなんておはなしもあるそうな。

 話がだいぶんそれてしまいましたが、日本では先ほど申したように造酒は違法ですから、それゆえに掲示板も少ないのです。

 その数少ない掲示板が某所にあったりするのですが、
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sake/1294892994/
 そこの住民いわく、どぶろくに砂糖を加えるのは邪道だそうです。

 しかしながら、お米をどぶろくに変えてくれるイーストや麹は活発に活動できるようになるのに結構な時間がかかります。生き物ですからいれた瞬間にすぐに活発になるというわけにはいかないのです。

 そして、私たちの身の回りには至る所に雑菌・カビがうようよいます。彼らにとって、どぶろくの原材料になる温かいご飯や、糖分は絶好の繁殖地帯です。

 それを防ぐために、ヨーグルトを加えたりするらしいのですが、ヨーグルトを加えてしまうと、完成したどぶろくはお酒というよりも乳酸飲料の感じがしてしまうそうです。

 なので最初に砂糖を入れてしまえばいいのです。


 では大まかなプロトコルを書くことにします。

1.ご飯を固めに炊く。
2.梅酒の瓶をよく洗い、殺菌する。
3.瓶に炊いたご飯を入れる。
4.瓶に水を入れる。水の量はご飯が浸るぐらいであるが、炊きたてで熱々のままいれたご飯と水をよくかき混ぜて、50度未満20度以上あたりになるように調節する。
5.そこに砂糖、麹、酵母を加えてよく混ぜる(どぶろくなので目分量です、ただ麹・酵母だけは少ないと雑菌に負けて腐らせてしまうかもしれないので最初は多めに入れたほうがいいでしょう。目安は米3合に麹500g酵母6g)
6.あとは栓をしてひたすら放置

え?もう終わり?
そうです、もう終わりです。

 あとはどこか適当な場所に放置して、しばらく待つだけです。適当に1日おきにお玉かなんかでかき混ぜてやってください。
 
 お酒は生き物なので日に日に変化していきます。最初は米が水を吸って膨らみます。しばらくすると、下の方に白い液体が、上の方に米粒が浮いている状態になります。

 発酵が活発な頃は、瓶に耳を当ててやるとシュワシュワと音がなるそうです。

 のみごろは自分で判断してください。毎日1回ぐらいはかき混ぜてやって、その時に味見でもしたらいかがでしょうか。

 ただ、どぶろくはナマモノですので、飲み頃を過ぎると急速に劣化していきます。具体的に言うと酸っぱくなるそうです。

 長期保存の手段として火入れという方法があるのですがこれはまた後日お話しすることにしましょう。

 ちなみに、最初にヨーグルトを入れる方法もあることをご紹介しましたが、これはヨーグルトに含まれる乳酸菌が生成する乳酸が雑菌の増殖を防ぐ働きがあるからです。
 この乳酸が雑菌の増殖を防ぐことに注目して、その乳酸だけを最初の頃に原材料に追加して雑菌の増殖を防ぐという手法で日本のある酒造メーカが特許を取得したくらいです。

 どぶろくは生き物で作られています。意外に盲点なのは、納豆菌です。

 どぶろくを創りだしてくれる菌たちは納豆菌には非常に弱いので、納豆を食べたあとしばらくはどぶろくづくりはやめておいたほうがいいです。あと雑菌には本当に気をつけてください。

 基本的に発酵と腐敗は紙一重の部分が多いので、飲むときには五感全部を使って安全かどうか確かめてください。

 お酒の臭いがしなくて臭い匂いがしたり、舌がしびれたりするものは危険です。

 日本では違法であるのにも関わらず、結構な情報がweb上に溢れています。
 google検索結果

 違法なので健康面でもなんにおいても自己責任ですよ。

20110120-工事中間報告

htmlコードはこちら


/*
サイドメニューとブログ本体の2カラム化
*/
#Side_Menu{
width:20%;
float:left;
border-right-style:dotted;
border-right-width:1px;
border-right-color:#cccccc;
padding-right:1%;
}

#Blog_Body{
width:75%;
float:right;
padding-left:1%;
}

/*サイドメニュー*/
#Author_Top,#Link_Top,#Categ_Top{
clear:both;
border-left-style:solid;
border-left-width:3px;
border-left-color:#000000;
border-bottom-style:solid;
border-bottom-width:1px;
border-bottom-color:#000000;
}

/*個別記事表示*/
#Blog_Body_Permanent_Coment_Disp{
clear:both;
padding-left:1em;
}
#Blog_Body_Permanent_NPDisp{
text-align:center;
}
#Blog_Body_Permanent_Coment_Submit_Form{
background-color:#eeeeee;
padding:1em;
}

/*複数種類のidにまたがる設定領域*/
#Blog_Body_Index_Top,#Blog_Body_Permanent_Top{
clear:both;
padding-left:0.4em;
border-left: medium solid #cccccc;
}



/*工事中であることを示す表示領域(工事が終われば撤去予定)*/
#str {
clear:both;
}

20110118-工事中間報告

 私のコーディングをはっきりと描写してしまう言葉がすぐに浮かびます「突貫工事」です。

 これからブログを開設される方に一応忠告しておくと、ある程度のレイアウトは考えてコーディングしたほうがのちのち混乱することは避けられます。私は、コーディングしながらレイアウトを考えていったので、最後の方は何がなんやら分からなくなって、widthを適当に変えたりして、なんとか一応は見れる形になりました。

 先程からコーディングという言葉を多用していますが、厳密に言えばhtml/cssはプログラミング言語の類には含まれません、あくまでも記述言語なのです。このブログでも話題にしているfoobarのカスタムで使用するTitleFormattingという言語もこの記述言語の類に含まれることになります。
 有名所で言えばラテフなど、ラテフなどは記述言語は記述言語でもhtmlとはまた違った種類に分類される記述言語です。

 では普通のプログラミング言語とは何が違うのか?

プログラミング言語との違い



 データ記述言語には、純粋にデータの格納のみを目的とする言語と、プログラミング言語の特徴も備える言語がある。後者はやや特殊で、プログラミング言語と厳密に区別されるものではない。
 プログラミング言語の大きな特徴は制御構造(逐次処理、分岐処理、反復処理)と制御を行うための変数をもつ点にあり、データ記述言語にはこのような要素は含まれない。データ記述言語を用いて値を記述する場合でも、それは定数であって変数ではない。
 データ記述言語の1つであるHTMLの場合、初期にはドキュメントの構造のみを格納するマークアップ言語であったが、その後の仕様拡張で他のスクリプト言語も内包するようになった。ただし、HTML自体はスクリプト言語のコードもデータの1つとして扱い、それをどのように処理するかはWebブラウザなどのアプリケーションに委ねられる。この意味では、HTMLは純粋なデータ格納の言語である。一方、携帯電話などの情報機器向けに作成されたHDMLでは、変数や制御文をもつなど言語自身がプログラミング言語の要素を備えている。
引用先:Wikipedia



 早い話がプログラミング言語で出来ることが、記述言語ではできないことがあるということです。けれどもTitleFormattingはIF分岐的なこともできるし、必ずしもどちらかの陣営についているというわけでもなくて、生物と無生物の区別のような感じです。

 まあ、記述言語ですし、特に難しい定義を頭にしなくちゃならないわけでもないし、比較的楽に覚えることができました。とりあえず今日の頑張り。
 
/*サイドメニューと、本文表示域の2カラム化*/

#Side_Menu{
width:19%;
float:left;
border-right-style:dotted;
border-right-width:1px;
border-right-color:#cccccc;
padding-right:1%;
}

#Blog_Body{
width:78%;
float:right;
padding-left:1%;
}

#Author_Top,#Link_Top,#Categ_Top{
clear:both;
border-left-style:solid;
border-left-width:3px;
border-left-color:#000000;
border-bottom-style:solid;
border-bottom-width:1px;
border-bottom-color:#000000;
}

#Blog_Body_Index_Top_Title{
border-bottom-style:solid;
border-bottom-width:1px;
border-bottom-color:#000000;
}

#Blog_Body_Index_Top{
background-color:#eeeee;
}

#Blog_Body_Index_Top_yymmdd{
background-color:#eeeee;
}

#str {
clear : both;
}

ある日の風景 2010/09/07

Pixivでの私の作品の転載です
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=47230

夏の残暑が残る暑い昼下がり、昼食を終えた春香は、少しおしゃれをして町に出かけた。
明日に春香は小学校時代の友人と遊ぶ約束をしていた。そこで髪を整えに近所の美容院へ出かけたのだ。春香がその美容院を訪れたのは実に久しぶりのことである。こうして自由な時間を取れるのも最近では難しい。アイドルの仕事が増えて美容院へいく暇もなくなった、髪を整えてくれるのはいつも専属の美容師さんだ。だから、近所の美容院へ髪を整えに行くのは実に数年ぶりのことなのである。そう思うと、自分が結構な年数アイドルをしてきていることに気づく。そして、小さい頃からずっとお世話になってきた、近所の美容院への小さな罪悪感も感じていた。

しかし、その時は春香の心のなかのそれは、本当に小さいものであった。

春香は美容院のドアを開ける。パーマ液の香りが、昔の記憶を海馬から呼び起こす。ああ、当時の記憶が一瞬にして頭を駆け抜けた。
「全ッ然変わってない」
美容院は、本当に何も変わっていなかった。と入っても数年前から通わなくなっただけである、その数年でそれほどの変容を遂げる事はあまりない、無いことはないのであるが、いや、しかし少しは変わってたっていい。しかし、あまりにも完璧に変わらないでいたものなので春香は驚いたのである。
美容院の店長、とはいっても一人の女性が切り盛りしているのであるが、その女性は忙しそうに常連客の髪を整えていた。整えながらこっちを見ずに、「いらっしゃい」といい、壁に設けられた服かけと、かばん掛けに身につけているものをかけろという、この一連の動作も変わっていない。
店長は忙しそうに手を動かす、春香はカバンをかけて、長いソファーに腰をかける。長くて大きいソファーには私一人しかいない。春香がアイドルを本格的に目指し初めて、この美容院に通えなくなった頃より前には、このソファーにはいつも数人にて、大きくて長い鏡の前に置かれた3つの美容椅子にはいつも3人が座っていて、4人いる店員がかわりばんこで忙しそうにお客さんの髪を整えていた。しかし、今、3つある美容椅子は1つしか使われておらず、店員も店長の女性しかいない。
「きっと、今日はすいているんだね。ラッキー」
なんて考えながら春香は、雑誌の置いてある本棚に手を伸ばす。小さい時から、待ち時間の間に個々の雑誌をいっぺんに目を通してしまうのが、ちょっとした楽しみであった。幼稚園生向けの本から、小学生向けの本など、個々の美容院の雑誌の品揃えの良さは、あらゆる年齢層に対応できるものだった。春香をいつもカットしてくれる美容院では、本当にマネキンのような綺麗な女性しか出てこない、大人向けのつまらない雑誌しか置いていないのである。幼稚園から高校の途中まで、春香はこの美容院へ通い続けた。小さい頃は髪を切られるのが本当に嫌で嫌で仕方なくって、行くたびに大泣きして家に帰った記憶がある。
 春香はおもむろに雑誌を取り読み出した。しかし、春香はその雑誌を一度読んだことがあるような気がしたので、表紙を見た。表紙には数カ月前の日付が書いてある。どうやらこの雑誌は数カ月前のものであるようだ。どうりで読んだことがある気がしたはずである。
「きっと、忙しくて買う暇がなかっただけだよ。」
春香はそう思った。しかし、楽しみにしていただけに少々残念であった。
静かな店内に、AMラジオが流れ、店長の手元からはハサミが髪を切る音が響く。外からは郵便配達のバイクの音、車の通りすぎる音がする。こうして、雑誌も読まずにぼおっとしていると、普段は耳につかないような音まで聞こえてくるのだ。豊かな時間が流れた。
そうしているうちに前の人のパーマがけが終わり、次は春香の番である。
「つぎのお客さんどう・・ぞ・」
店長の女性が初めて春香を見る。春香と久しぶりの対面だ、もちろん春香にとってもだ。
店長の顔に、驚きと喜びの色が差してくる、同時に時代を感じさせるシワをめいいっぱいに寄せて、目には涙を浮かべて春香に走り寄ってきた。
「春香ちゃん?春香ちゃんじゃないの!あら~懐かしい!」
店長は感無量と行った感じである。しかし、春香の心中にはなにかモヤモヤとしたものが、再開の喜びと共に顔を出したということも書いておこう。
ー店長さん、こんなに小さかったっけ?
数年とはいえ、成長期の春香である、身長が伸びて相対的に店長の身長が低くなったことぐらい春香にもわかる。しかし、何か身長だけでなく、それは物理的なものだけでなく、何か心の秤的にも店長さんは小さくなった気がした。
しかし、店長さんが喜んでいるのに、私が浮かない顔をするのは、何か気が引けて、春香は無理に顔に笑顔を浮かべた。それは何かとても心の何かを消費した。
正直、春香は単純に感動的な再開を予想していたのである。それは今の春香が感じている、足かせの付いた喜びではなかったはずだ。テレビで小説で見るような、ただ感動的でそれ以外の要素を持たない再開。シチュエーション的には、観賞用の綺麗な再開と殆ど変わらないはずである

、しかし、春香の再開の喜びを、春香の中に最近芽生えてきて、まだ幼いがとても人間的な感情がそれを邪魔しているのである。
「春香ちゃん聞いたわよ、あなたアイドルになったんですってね!」
しかし、店長さんは前と変わらない饒舌である。春香はその衰えていない饒舌ぶりと、その顔に浮かんだ混じりけのない笑顔を見て少し安心した。私が感じたあの感情はもしかしたら気のせいなのかもしれないと、そこで春香は一時的に思考を入れ替えることができたのである。
「ええ、あの、最近はラジオもやってるんで、よかったら聞いてください。」
春香は言った。
「あら、そうなの。」
店長の話は止まらない。春香の父、母の様子。春香について、もう恋愛はしたか、バイトは経験したのか、学校で今流行っていることは何か、アイドルとはどんな仕事か、プロデューサーという人はどんな人か。春香は質問攻めに会うことになる。質問攻めとはあまり良い言葉の選択ではないのかもしれない、なぜなら春香にとって、店長が昔と変わらぬ調子で話しかけてくれるのは、先に感じた不安を払拭しうる要因であったからである。春香は一つ一つ質問に笑顔で答えた。
ひとしきり、春香への質問が終われば、今度は店長の身辺ばなしの番である。近所のじいさんが飼っていた犬が死んだこと、ここの常連で春香も知っている女性が先月結婚したこと、春香の質問にかかった時間を1とすれば、最終的にこの店長が話していた時間は6ほどである。本当にしゃべるのがだいすきな女性なのである。
話しながら、店長は春香の髪を整えていく。
「すごいねえ、春香ちゃん。この髪、いつもは誰が切っているんだい?」
「え、あ、あの専属の美容院の人がいて・・・」
「すごいねえ、髪の流れが活き活きとしている。おばさんじゃ、こうは切れないわ。若い人は面白いこと考えるんだねえ。おばさんは、もうこんな元気な切り方はできないねえ。」
「っええ、あ、あの、店長さんの切る髪も、と、とても元気です!」
春香は「元気な切り方」の意味が分からずに、無理に元気づけようとそういった。
「・・・アハハハ!春香ちゃん、別に私自身が元気がないって言ってるわけじゃないのよ。ただ、「俺の切る髪はこうだー!」的な独創的でエネルギッシュな切り方は出来ないなあって言っているだけよ。」
「え?」
「あ!春香ちゃん、もしかして久しぶりにきて私が年取ったとでも思ってたんでしょ。失礼ね~!アハハハハ。」
「え、ああ、あの、そんなこと思ってないです。」
「い~や、絶対思ってたでしょう!」
「思ってないです!」
そんなやりとりがしばらく続いた、いつのまにか春香の感じていたある種の心配は消えてなくなっていた。
「けどね。」
突然、店長が真剣な口調で口を開いた。
「昔、私は近くの美容院で働いてたのよ。その時の店長は男の人だったんだけど、当時の私から見たらなんて型はまりな切り方をするんだろうなんて思っていたのよ。そして、しばらくそこで働いてお金貯めて、この美容院を始めたわけ。初めてからは若いお客さんがたくさん入ってき

てね「やっぱり私の感じていたことは正しかった。あの店長は時代遅れの人なんだわ。」なんて思っていたのよ。けれど、確かにその店から私の店に移ってくる客層もあったのだけど、結局その店が主人が高齢になってたたむまで、こっちに来なかったお客さんもいたのね。よくよく考

えてみたら当然なのね。流行りの髪型にしたい女の子もいるだろうし、あまり派手な髪型にするのを嫌う女性もいる。うまいこと棲み分けが出来ているなあって。で、しばらくして気づいてみたら今度は私が「型はまりの切り方」をしていたのね。」
「そんな・・・店長さんは型はまりな人じゃありません。」
「ふふ、ありがとう。けどね春香ちゃん「型はまり」って必ずしも悪い意味の言葉じゃないのよ。お客さんに安定した切り方を提供できる。それを求めているお客さんもいるっていうことよ。」
「そうなんですか・・・」
「春香ちゃん、今は幸せ?」
「え、あ、はい、まあ。」
「こんな職業だから、私は今まで本当に色々な人と出会ったわね。若い頃には、それでも有名人が店に来たとか、有名店からお客を奪ってきたとか、表面的な出会いを誇りにして仕事をしていたような気がするわ。けど、お客さんの髪をじっとよく観察してみると、本当に色々なことが分かってくるんだと知ってから、お客さんと接すること自体が楽しくなってきたのね。」
「髪でどんなことがわかるんですか?」
「それはまた来た時におあずけね。さあ、お客さん髪が切り終わったので、シャンプーしますね、目をつぶっていてくださ~い。」
シャンプー中は春香も店長も終始無言であった。シャンプー中は水の音で会話ができないからである。しかし、店長さんのシャンプーは昔からとても上手だ。シャンプーというよりかは、頭のマッサージといったほうが的確かもしれないというほど、実に気持ちのいいものなのである。
やがて、シャンプーも終わり、春香たちはレジの方へ向かう。レジを打ちながら店長は言った。
「春香ちゃん、人の幸せって、時間が経つにつれて本当に変わっていくものなのよ。今、春香ちゃんが目指している幸せというものが将来は別の物に変わってたりすることもしばしばなのよ。けどね、若いうちはその時の幸せに向かってイノシシのように一生懸命に向かって行くぐらいで丁度いいのよ。アイドルのお仕事頑張ってね、またいつでもいらっしゃい、その時は話の続きをしましょう。」
春香は会釈をして、美容院を出る。とたんに日本特有の湿っぽい空気が春香を感傷的な世界から、現実へ引き戻した。

「あ~あ、専属の美容師さん以外の人に切ってもらちゃった。」

けど・・・一回くらい、いや、たまにはいいよね。

春香は古い友人との再開に胸を踊らせながら、駅に向かって歩き出した。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
あとがき
いや~久しぶりに新しいSSかけたぁ!w
最近ARMマイコンをいじってたのと教職の集中講義でなかなか書く暇なかったっすw
なぜこんなことを書くのかというと、シリーズ通して読んでくれている人は少ないと思うんですけど、更新がしばらく止まっていたので、三日坊主と思われたくないからです。
あと、トラ技の増刊号マジでおすすめです!

ある日の風景 2010/08/12

Pixivでの私の作品の転載です
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=25812

 今日はジメジメとしているが、比較的気温は低くて過ごしやすい。陽気な熱帯から運ばれてきたエネルギが東京には心地いい程度の風を運んでくれる。嵐というものは程度を守れば、比較的快適なものだ。けれども、雨の日は憂鬱と社会から洗脳されている私は、それだけではないのかもしれない、低気圧のせいか気分は少々落ち込んでいた。
 今日はオフの日である。正確に言えば、本来ならば外でのライブのお仕事があったのだけれども、台風の接近で中止になった。昨日の夕飯時にプロデューサーからメールがあった。
 だから、今日はいつもより余計にベットにいた。特にすることも何もない。トレーニング用品は修理中で今手元にないし、こんなところで発声練習なんかすれば近所迷惑になる、春香、やよいにメールするかとも思ったが、要件が浮かんでこないし、どうせ直接言ってくることはないだろうけど、暇つぶしにメールしているとばれてしまうだろう。別にそこまで迷惑とは思わないだろうけども、なんか嫌だ。
 ベットに横たわりながら適当にテレビのチャンネルを回す。分かってはいたが、この時間帯のテレビは全く面白く無い、テレビの電源を落とすと、ようやくベットから抜け出し、しかしパジャマのままでPCの電源を入れる。狐のブラウザで適当に面白そうな記事を流し読みする、その時は一時的に楽しいだけれども、読むのが速い私はすぐに読み終わってしまう。おもむろに emacsを立ち上げ、五目並べでもしてみる。相手を先行にしないと、こっちは必勝法を知っているので面白くない、けれども相手は先行なのに三三が使える。途中まではいい流れだったのだが、相手が三三で成った時、何か馬鹿らしい感じがしてemacsを落とす。最後にRssで購読しているページのタイトルでも眺めてみる。芸能欄の片隅に私たちのユニット名が載っている。春香が泣いたあの日(※『ある日の風景 2010/08/06 』参照)から私たちは必死に頑張った。春香の涙を見たのはあれが最初で最後だ。口で言い争いになることは、それまでしばしばあったけれども涙は見せることはなかった。私は、なんだろう、春香の泣いている姿に、いや、これは自分でも本当に最低だと思うのだが・・・可愛いと思った。愛らしいと思った。そばにかけてやって、抱きしめてやりたいと、そう思った。その時にプロデューサーは春香に近づき抱きしめていた。違うのよ抱きしめるのは私なのよ。すると私はつい大きな声で叫んでいた「泣くんじゃない」と。あれはいわゆる嫉妬という感情からくるものだったのかもしれない。しかし、あれはあれで私の本心である。あの女社長の罵詈雑言に少々頭にきていたのは事実、春香に若さへの醜い嫉妬を吐き出すあの女なんかに泣かされている春香に苛立ってしまっていたのも事実だ。しかし、あの言葉に一縷の不純なものが混じっていなかったのか言われると、それは否定しかねてしまう。そんな感じであろうか。
「春香・・・」
 名前をつぶやくと胸が苦しくなる。けれども私はこの感情が恋愛やその類のものでないということは知っている。春香、やよい、プロデューサー、いつもの三人がいて、小鳥さん、社長、他のアイドル候補生たち。なにか、あそこが私の居場所なのだ。内気な私にいつも笑顔で声をかけてくれる。本気で喧嘩もしてくれる。

 なんで?人って他人には無関心なのでしょう?少なくとも私はそうだ。そうでしょう、弟があんな目にあった時も、その日からのあんなギスギスした家庭環境の中にいた時も、誰も何もしてくれなかったじゃない!みんなよその家庭のことはよそのことって、私にもありきたりなことしか言ってくれなかったじゃない!結局は自分の身内さえよければ何でもいいんでしょう!そうなんでしょ!!
「違うよ!千早ちゃん!!!」
 突然春香の怒った声、怒った顔が頭に浮かんでくる。私は雷撃に打たれたような衝撃を感じた。こんなところにまで、私のこんな深いところにまで春香がいてしまっているのね。
「春香・・・怖いわよ」
 けど、なんだろう、とても優しいものが心を暖めてくれる。春香・・・!

 私は泣いていた。駄目だなあ。こんな日は、やっぱり何かに熱中して、色々忘れられる日々のほうが私にはいい。こんな暇を持て余すような日は余計なことを考えてしまう。

 プルルルルル、プルルルルル

 一瞬ビクっとする。電話だ。
 私は起き上がり、電話のナンバーディスプレイを眺める。春香だ。
「春香?」
「ああ、千早ちゃん。ベランダでて、ベランダ!」
「な~に?なにかあるの?」
 私は言われるがままにベランダの網戸を開け外に出てみる。いつの間にか雨は止んでいて、雲の切れ間から光が差している。
「虹だよ。虹!」
 その光が地面に会うところから、光の直線が接戦になるような虹がかかっていた。驚くことに虹は二重になっていた。
「これは・・・ダブルレインボーじゃないの。」
「へえ、『ダブルレインボー』っていうの。千早ちゃんってやっぱり物知りだね。千早ちゃんのところでも見えてるんだなあ。」
「春香?」
「あ、ううん。あのね千早ちゃんのところでも見えてるって、なんか、違う場所にいるのに同じものが見えるってなんか不思議な気持ちがするなあって、空はつながってるんだなって、なんちゃって、アハハ・・・」
「春香・・・」
「千早ちゃん?」
「ん?」
「もしかして千早ちゃん、泣いてた?」
「!」
 私はとっさに息を吸い込んでしまう。私の息遣いは完全に向こうに聞こえてしまった。
「あぁ、いや・・・なんか声が湿ってるような気がして。」
「ああ」
「どうかしたの?」
「ただ・・・少し悲しいドラマを見ていただけよ。」
「え~、千早ちゃんを感動させるドラマって!何何?教えて!」
「ちょっと、春香。その言葉色々な意味にとらえられるんだけど?」
「ああ、うぅ、ごめんね千早ちゃん別に他意はないよ。で、何なの?教えて~!」
 いつものくだらない会話。けど、くだらないけど、今の私は、カラカラの土に水をあげた花のように生き生きしているような気がする。私はひとりじゃない。
「ふふ、嫌よ。もう教えないわ。」
「え~千早ちゃんのケチ~」
「決して結ばれることはない、けれどもとても暖かくて、けれどもとても悲しいドラマよ。」





_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 あとがき
大学から点数がヤバいので救済レポート課す旨の電話がありました(^^;;)
台風が着ていたので時事ネタ(?)としてひとつ書いてみましたw駄文失礼しました。

ある日の風景 2010/08/08

Pixivでの私の作品の転載です
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=22381

 今日は春香と、千早と一緒にやよいの晩ご飯になる野草の採集に付き合った。
 今日も昼間はクラーが必須の蒸し暑い一日ではあったのだが、夕方の川原は心地いい体感温度である。昼間の間に、河川管理の職員が川原の草を刈ったらしく、当たりは草の青い匂いでいっぱい。何かとても懐かしい匂いを俺は深呼吸して肺の中に充満させた。そういや、ガキの頃はそこら中に悪ガキどもとつるんで秘密基地やら作って遊んだなあ。バッタ捕まえにわざわざ蚊に刺されに草むらにわけいったこともあったっけな。あん時の匂いだなぁ。そん時つるんでいた悪ガキの顔はもう覚えていないが、この草の匂いをかぐとどうしてもバッタやカマキリを思い出してしまう。で、そん時から俺は本当の意味ではあまり成長していないのかもしれない。成長というよりも人間の本質的なものはあまり変化していないように感じる。あの頃は秘密基地をどんどん拡大していって、将来的には国レベルまで大きくできると本当に信じていた。そんな突拍子も無い夢を考えつくのはガキの頃迄と思いきや、今は無名の女の子たちをトップアイドルに導くなんてのを仕事にしている。我ながら少し笑えてしまう。けど、ガキの頃と決定的に違うのは、あの頃の俺には別に世界征服が成功しなくても誰も悲しまなかった、しかし、今の俺の夢には三人の女の子の、大げさに言えば、将来がかかっている。あの頃の俺達の夢は、実現させるための手段が手元に無く、それこそ「夢」の文字がそのまま型にハマるようなものだった、しかし、今の俺は違う。成功するかはわからないものの、この娘たちをトップアイドルへ導くための手段はある程度心得ているつもりだ。もちろん定石だけではだめであろう。しかし、あの頃の俺には全くなかった「手段」が少なからず今の俺の手元には存在している。
 俺は夕日に照らされて真っ赤になった自分の右手をじっと眺めた。握り締め、またひらく、再び握り締め、またひらく。こうしていると、なにか自分の手なのに、別の生き物のように見えてくるから面白い、いや、いきものというよりは精巧な機械といったところだろうか。俺はこの手で今まで何をしてきたのだろうか。虫を外の広々とした世界から、窮屈な虫かごへ放り込むという残酷な行為、そして、そのまま忘れていて夏休みの中盤に気づいてみてみれば、そこはバッタの死体の山だった。親に怒られ、泣きながらバッタを土に埋めたのもこの手だった。初恋の女の子に当てた恋文をしたためたのもこの手だ。頭に来て友人をおもいっきり殴ったのもこの手だ。
 俺のこの手が、この手は、今まで周りの物にコンタクトを取る、いわゆる言葉や表情などとは独立したひとつの出力機関なのだ。
「プロデューサーさん!なんでひとりだけさぼってるのかなぁって。」
「プロデューサー!こっちはこんなに蚊に刺されながらもやってるっていうのに!」
「やよいちゃ~ん!ちはやちゃ~ん!ギシギシって食べれるんだよね?ほ~ら!たくさん採ってきたよってあわぁっ!」
どんがらがっしゃーん。
「春香、この時期のギシギシは花が咲いてるのが多いから芯がたってて食べられないんだぞ。」
「プロデューサー?」
「うぅ、今まで何してたんですかプロデューサー。働かざるもの食うべからずです!」
「あは。私ってほんとドジで役立たずで・・・もう穴を埋めて掘ってますぅ!!」
「おい、春香それ逆!」
てな感じで、俺は野草探しを始めた。俺にも多少の野草に関する知識はあるものの、正直いって野草は夏に楽しむものではないことぐらい知っていた。やよいは夏の硬い野草を食わないといけないところまで貧窮してるのか!
 ふと、周りを見渡す。周りには俺と春香しかいない。春香は何を採ればいいのか悩んでいるらしい、それは俺も同じである。しかし、今そんなことはどうでもいい、千早は!やよいは!俺の脳裏に水難事故の新聞記事が浮かぶ。
「千早!やよい!」
「なんですか、プロデューサー。大きな声ださくても聞こえます。」
千早とやよいは川岸の方からゆっくり歩いてくる。やよいはやよいには少し大きそうなバケツを大切そうに抱えていた。
「やよい、何だそのバケツは。」
「うっうー!今日の晩ご飯です!」
見るとそこには大量のヤドカリがいた。ヤドカリの山の中にはペットボトルの中に数匹の魚もいた。
「高槻さんが昨日仕掛けておいた仕掛けの中の魚と、岩場にたくさんいるヤドカリ捕まえに行きましょうっていうから。」
「あ・・・あぁそうか、いや、無事ならいいんだ。すまんな。けどよ、やよい、じゃあ、野草は何のために採っているんだ?」
「ヨモギやキク科の植物の葉っぱなら何でもいいかなぁって、練って乾燥させて蚊取り線香にします。」
「えぇ!やよいちゃん、私てっきり食べるためにと思って、セリたくさん採ってきたんだけど・・・」
「うぅ、春香さん、それドクゼリも混じってますぅ。前にも教えたようなきがしますが、私の一家を食中毒にするつもりですか?」
「あぅ、ごめんなさいやよい。」
「謝ることはないです。春香さんはドジでおっちょこちょいだけど、優しいですぅ。」
「うう、ほめられてるのかけなされてるのかわからない・・・」

 川原での食料探しが終わったあと、俺たち一行は高槻家にお邪魔することになった。
 高槻家への家路の途中、川原にまだ刈られていない大きい背丈の草むらに遭遇した。
「やよいちゃん、もしかしてここ突っ切っちゃうの?」
「え?そうですけどなにか?」
「高槻さん、一応私たちはアイドルなのよ。草で顔でもきっちゃたら大変だわ。」
「ふふふ、大丈夫だ、俺が先頭で草をかきわける。だからお前らは俺についてこい。」
俺は勢い良く草むらに飛び込んだ。





そうだ。俺は草をかき分けながら思った。
そうだ、あのガキの頃の残酷な行為も、結果的に悲劇に終わった俺の初恋の一幕も、友人を傷つけてしまった原因も、全てこの手だ。そして、その手の所有者の中身は根本的には変わっちゃいねえ。
けれども、今の俺は芸能界という草むらかをかき分けかき分け彼女たちの歩ける道を作ってやる責任がある。皮膚を破く草から彼女たちを守ってやることができる。俺は、俺のこの手は、彼女たちを守ることができるのだ!

俺の目の前が急に開けた。




「うぅ、抜けたですぅ。」
「!!プロデューサー!大丈夫ですか、てから血が出てます。」
「ええ!プロデューサーさんが怪我してる怪我してる。ああ、え~、あ!プロデューサーさん!ヨモギですよヨモギ!」
「ありがとう春香。けどこのぐらいの傷なんて、すぐにふさがるさ。大丈夫だ。」
真っ赤に燃える夕日がまさに沈もうとしていた。

 その夜は本当に楽しいものだった。父親と母親はとても優しそうな人だったし、私たちを歓迎してくれた。手製の味噌を使った味噌汁は、市販品の味噌が味気ないものに感じてしまうほどの衝撃的な味であった。自家製蚊取り線香の匂い、いつまでも続く、やよい家の兄弟のはしゃぎ声、春香たちの談笑。やよい家に静寂が訪れたのは10時過ぎのことであった。
 俺は、醤油とマーガリンで炒められたヤドカリを肴にして、自販機で買ってきたビールを開けていた。
 俺はふと自分の手を眺めてみる。いくつもの小さなカスリ傷が残っていた。それを見て、なぜか妙に誇らしい気分になった。
「フフッ、明日もまた頑張らないとなぁ。」


つづくかも
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
あとがき
 特に無い

ある日の風景 2010/08/06

Pixivでの私の作品の転載です
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=20375

 転機、好機。そういうものは待っているだけでは決して向こうから近づいてくることはない。
 自分から動き出さなければ自分の手ではなく、他人の手にわたってしまう。世の中に出回っている好機は数あれど、それを連続して手に入れ、いわゆる幸運と呼ばれるものを手に入れるには、やはりそれなりの労力というものが必要なのだ。
 
 川原で新ユニットの結成宣言をした後。しかし、俺はどこかでこれでなんとかなるという甘い考えを持っていたのかもしれない。しかし、現実はそこまで甘いものではない。
 まず、仕事が来ないのである。まあ、アイドルといえど芸能人とは仕事をしていないときは、そこら辺をほっつき歩いているプー太郎と何ら変わりがない。そして、そのアイドルたちをプロデュースして、仕事を探してくるのが俺の役割なのだ。社長は特に何も言わないが、最近なかなかこれというアイドルが事務所からでなくて、経営が苦しいというのは平の俺でも十分に感じられる。とにかく時間がなかった。アイドル候補生たちの彼女たちには悪いのではあるが、こういった下積みというのも後の芸能活動の肥やしになることだろう、今はただ耐えて欲しい。そう思っていた矢先の出来事であった。

 暑い、とにかく暑い。アスファルトからの照り返し。道の向こうが揺らいで見える。俺とアイドル候補生たちは次の小ステージのデパートへの挨拶に出かけていた。事務所から電車をなんども乗り換え、最後は徒歩である。タクシーなんぞ乗れるような身分ではないのである。俺達が道を歩いて行くと、小さな喫茶店が目に見えた。喫茶店の花壇に生えているハイビスカスの花も暑さにやられてうなだれていた。すると、喫茶店からどうやら主人と見られる男が出てきて、道に水を撒き始めた。打ち水である。俺はその男に「今日は暑いですなあ。」と話しかけられた。「いや~本当に暑いですね。」俺は適当に返答する。暑さで参っているのだ。
「お仕事は何されてるんですか?」
「ああ、私こういうものでして、この娘たちのプロデュースをしております。よろしくお願いします。」
こういう場でも立派な営業の場になる。俺はその男に名刺を渡した。今の彼女たちのアイドルランクを鑑みるに、なりふり構ってられないのである。
「ああ、プロデューサーさんなのね。てっきり女の子3人も連れてるんだから、親子でもなさそうだし、なんなのかなあって思ちゃった。ごめんね。今度CDでももっておいでよ、お店に置いてあげるよ。」
「本当ですか!?ありがとうございます。」
 今日はなかなかついてるようだ、変な疑いをかけられたとはいえ、こんな経緯でCDを置いて貰える店をGETできたのはラッキーだ。確かに、休日とはいえ、俺ぐらいの年の人間が、中学高校ぐらいの女の子3人を連れてるなんて周りから見たら少し不審であることは否定出来ない。よく今まで職質にでもあわないものだ。

 そんなこんなで、俺達はデパートについた。春香たちは相当参っている様子だった。仕方ないので俺は近くの自動販売機で自分の財布の中からお金を出し、適当な清涼飲料水を買ってやった。まあ、経費にはできないだろう。
 飲み物を飲んで生き返ったと言わんばかりの幸せそうな春香たちの顔を見るのは本当に幸せな時間だ。心が暖かくなってくる。こんな物なら450円は決して高くない!俺はそう自分に言い聞かせた。
 元気を取り戻した春香たちが談笑しながら約束の時間を待っている間、俺は正直少し不安だった。ここの社長さんには前にこの仕事の約束を取り付けたときいに会っているのだが、どうも難しい感じの人間だった。難しいというよりも端的に言えば「嫌な」人間だった。今まで、営業をしていてまあ、色々な人間にはあってはいるが、あそこまで露骨に人間の嫌味を出せる人間はいないのかなと。まさか、彼女たちに直接あんな態度を取るとは、大人の常識的にありえないが、もしそうなったときに彼女たちが傷ついて立ち直れなくなったり、いや、そこまで行かなくても、とりあえず、傷つかないためにも先に事実を知らせておいたほうがショックは少ないだろうという結論に達した。
「なあ、春香、やよい、千早聞いてくれ。今日の挨拶先の人なんだが、ちょっと、普通じゃないというか、なんというかもしかしたらお前たちを傷つけようと何か言ってくるかもしれないが耐えてくれるか?」
 楽しそうに談笑しているところに、こんな暗い話題を言い出すのは、私の良心がシクシクと痛んだのであるが、仕方あるまい。千早が一番に口を開いた。
「プロデューサー、私たちを見損なわないでください。仮にも芸能人なんですから、この業界を必要以上に蔑む人もいることを知ってますし、平気ですよ。」
 そうなのだ、俺も千早は耐えれるような気がするのだ。問題は春香とやよいなのだ。
「うぅ、怖いのは嫌ですけど、けどお仕事のためなら仕方ないかなぁって。」
「私も。大丈夫ですよプロデューサーさん!」
まあ、一応大丈夫そうだが・・・本当に大丈夫なのだろうか?というよりも、さすがにあの社長でも、こんな子供相手に酷いことは言わないだろう。そう思っていた。

 時間だ。俺達は社長室の前に通された。秘書のような女性がインターフォンに話しかける。そうして、俺達は社長室に通された。
「あら、まあ。お久しぶりね。Pさん。」
黒の革の椅子にドンと居座るのは。紫色の羽織物をして、指にバカでかい宝石の指輪をしている女社長である。
「この度は、私たちの事務所のアイドルたちを採用いただき誠にありがとうございます。」
俺と春香たちは一緒に頭を下げた。
「フンッ。まあいいわ。・・・あら~この娘が今回のアイドルさんたちね・・・」
「は、はい。」
「華がないわね~なんか華がないわ!特にこのリボンかけた娘なんて、田舎臭いわ~。」
しまった。よりによって春香への攻撃である。それにしてもこの女、いったい何だって言うんだ。いくらなんでも、もうここまでいくと、ただの罵詈雑言の類である。経営者であろう人間が発するべき言葉ではなかろう。いや、発することはあったとしても直接言っていいことと悪ことがあろう、普通は思っても口には出さないものだ。
 俺は正直我慢の限界に近づいていたのかもしれない。喧嘩はしてはならない。しかし、プロデューサーとして彼女たちが傷つくのを黙ってみるわけにもいかないのだ。
「あの、すいません。そういうことはここでは・・・」
「まあ、ごめんなさい。そうだわね~こんなに可愛らしい娘たちなのにね。ごめんなさいね、思ってたこと口走ちゃって。」
俺は拳を握りしめた。煮えたぎる思いは爆発寸前であった。俺への罵詈雑言はいくらでも耐えることが出来る。正直これが容易に想像できたから、挨拶は俺ひとりで行くつもりだった。しかし、社長きっての要望で、彼女たちもつれていくことになったのである。許せねえ。これはいくら営業先の人間のすることでも許せねえ。俺の理性が感情をおさえきれなくなりかけたとき、後ろから小さな声が聞こえた。
「プロデューサー。」
千早の声だった。ふと後ろを見ると三人は社長は見ずに、じっと下を見て耐えている。じいっと耐えているのである。そうである、彼女たちは耐えているのである。理不尽な罵詈雑言を延々と受け続けながらも耐えているのである。ここで俺が耐えられないとはどういう事だ。俺は自分自身を恥ずかしいと思った。彼女たちが耐えているのに、自分は自分の怒りをおさえ切れないでいた。そうすると、怒りはスゥっと引いていった。冷静になった俺は、なぜこの女がそれまで罵詈雑言を彼女たちに投げかけるのかを考えていた。ふと下げていた頭を上げてみる。すると、社長の目には見たことのある物が浮かんでいることに気づく。そうか・・・これは嫉妬だ。
 どんなに会社が成功したとしても、どれだけ社会的地位を得たとしても、自分自身が若返ることは二度と無い。いや、年を重ねるごとに人間と言う生き物は深みを増すはずで悪いことばかりではないのであるが、若さを美貌を女の唯一の価値としている女性たちにとっては、自分よりも美しく若い女性は、溶岩流のようにドロドロとした、ヘドロのように粘っこい嫉妬の対象になるのだ。
 女は延々と話し続けた、俺達はただ頭を下げているだけだった。

「もういいわ。下がりなさい。」
数分後、ようやく女は言いたいことを全部吐き出したらしい。しかし、本当に彼女たちが耐えてくれてよかったと思った。しかし、次の瞬間、春香が顔に手を当てて階段を全速力でかけ登り始めた。
 しまった。やはり相当きていたんだな。俺は春香を追った。

「春香!」
階段の一番上の扉を開けるとそこは屋上スペースであった。今は誰もいない。しかし、ここは近いうちに子どもたちが遊べるように遊具が置かれて、その屋上遊園地のオープン記念の仕事を請け負ったのであった。
「春香!」
屋上の角のフェンスに片手をかけて、春香は泣き崩れた。俺は急いで春香の元へ駆け寄り、春香を抱きしめる。
「春香!春香!春香!すまない。本当にすまない。本当にすまない。」
何を言っていいのかわからない。ただ、同じ言葉を繰り返すことしかできない。心から本当にすまないと思っている。けど、言葉が、幾千ともある言葉が頭の中を渦のように飛び回り、それが口から出ていかないのだ。
「プロデューサーさん!なんであたし、あんなこと言われないといけないんですか!こんなに暑いのに、こんなに遠いところまで来て!なんであんなこと・・・酷い、酷い。」
春香が俺の胸の中で泣きながら、大粒の涙をこぼす。春香の顔を見て、俺は本当に後悔した。こうなることは予想できたはず、じゃあ、なんで断らなかった?結局は彼女たちを売り出さないと自分の業績が悪くなるからだ。何が彼女たちを守るだよ。結局俺はあの守銭奴老婆と同じ、自分のことしか考えていないんだ、最低だ、最低だ。
「春香、すまな・・・」
「情けないわよ!春香!」
俺が春香に謝罪の言葉を述べようとすると、後ろから千早の腹式呼吸から発せられた芯のある大きな声が響いた。
「情けない!情けない!情けないわ!見なさいよ、あんたよりも小さなやよいちゃんだって泣いてないのよ。あんたそれでも高校生なの!」
「だって、千早ちゃん・・・」
「だってもへったくれもない!泣いたら負けよ!」
そう言うと千早とやよいは俺と春香の元へ歩いてくる。千早は春香の前へ優しく手を差し伸ばした。
「春香、悔しいのはわかるわ。私だって、やよいだっておんなじ気持ちよ。けどね、いやだからこそ、この悔しさをバネにして今成長しなきゃ駄目なのよ。」
千早の声は優しい。何かを包みこむような優しい声だ。
「うぅ、あんなひどいこと言われたの初めてですけど。世の中あんなひどい人は殆どいないかなぁって。」
「春香、涙を拭きなさい。立ち上がりなさい。見返してやるのよあんなヤツ。」
「春香さん。」
「千早ちゃん・・・やよい・・・」
春香はいつの間にか泣き止んでいた。手で強引に涙を拭き取り、千早の手を借りて立ち上がった。
「ありがとう、千早ちゃん、やよい。ごめんなさい。」
「謝ることなんて無いのよ春香。」
「そうです。私たちは仲間です。」
「ありがとう!千早ちゃん!やよい!」

 俺はフェンスにもたれ掛かりながら、そんな三人の姿を眺めていた。嗚呼、ことは俺の期待している通りに進んでいる。もう、俺がいなくても、何かがあっても彼女たちだけで支え合って乗り越えていくことができる。俺はそんな彼女たちのサポートをしていくだけだ。

 帰り道、日も傾き始めた夕方、俺達は帰路についた。例の喫茶店の前を通ると、これまた例の主人が声をかけてくる。「どうだったかい、仕事はうまく言ったかい。」と私は「はい。」と答えた。
 ふと視線を花壇の方に向けてみる。昼間しおれかけていたハイビスカスがシャンとしている。その花びらには生命力が感じられた。どんな苦しい状況に置かれようとも、耐えて耐えてそして、美しく艶やかな花を咲かす。
 その花の色は、春香の髪についているリボンと同じ

 赤。



続くかも
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
あとがき
 今日は大学の授業でして、正直前日レポートで徹っちゃんしてましてほとんど寝てました。
 授業中ぼうっと考えてたのがこの内容です。しかし、なかなかうまく書けないな~w

ある日の風景 2010/08/05

pixivでの私の作品の転載です
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=18476

 暑い日が続く。
 最近、春香とやよいとの新しいユニットを組んだのはいいのだが、いまいちパッとしない。先週のオーディションも落ちたし、しばらくは狙えそうなオーディションもなし。延々と小鳥さんから押し付けられた書類の山を処理する日々。
 しかも、クールビズやらなんやらで冷房の温度も高めに設定されている。キーボードを叩く腕に汗がしたたる。
そんな、劣悪な労働条件のなか、俺は書類を片付けながら色々思考を回していた。
「なぜ、うまくいかないのか。」
 二人の中がそれほど悪いというわけでもない。かと言って慣れ合いが生じているわけでもない・・・と思う。お互いに足を引っ張り合っているような様子も見受けられない。
 考えてもわからないだけだ。ただ単純に今の流行にあっていないだけなのかもしれないし、そもそも人気を出すための論理なんて完成しているはずもない。
 まあ、いつもこのへんで思考はぐるぐると廻ってしまう。一歩も進まないのだ。俺はPCのそばに置いてあるカップ入りのアイスコーヒを一気飲みする。冷たさを咽頭で感じ、何か体に棒のような物がたったかのように気持ちはシャンとした。しかし、最高に醒めた脳みそでも答えは出てこない。
 ふと小鳥さんの机を見る。小鳥さんは淡々と書類の山をこなしている。キーボードの舞台で踊るような指、タイピング速度が一秒間に8文字をラクラクに超える小鳥さんだ、タイピング速度一秒間に4文字が精一杯の俺との仕事の速さとでは雲泥の差がある。本当に優秀な事務員さんだ。
「春香ちゃんとやよいちゃんのことですか?」
 ふと、小鳥さんが口走る。こっちが見ていることに気づいたのだろう。
「小鳥さん?」
「あ、いえ。なんかさっきから仕事しながら別のこと考えてるようだったから。もしかしたらって・・・」
 小鳥さんはどうやら一段落ついたようだ、書類の山の一部をバインダに閉じていく。バインダを棚に戻すと、机に戻り同じくPCのそばに置いてあった蓋付きの缶コーヒーを飲む。
「まあ、そうなんですよ。特に原因みたいなものも考えつかないし、なんでかなあって。」
「そうですね、二人に原因があるとは私も思いませんよ。」
「『とは』・・・ですか?もしかしたら何かわかったんですか?」
「もしかしたらっていう程度のこと何ですけど・・・」
「是非!なんでもいいので是非教えてください。」
 小鳥さんはちょっと驚いた様子だった。まさか俺にこんなに食いつかれるとは思わなかったのだろう。しかし、今のところ社長からは何も言われていないが、このまま人気低迷が続けば春香やよい自身にも何らかの影響は避けられない。特に二人は私がプロデュースしたアイドルだ。春香は特に新人の俺がプロデュースした。何としても彼女たちのユニットを成功させたい。だからとにかくガムシャラにプロデュースした。土下座した回数なんて覚えていない。しかし、その都度その都度、どうしたらもっと二人のユニットを成功させることができるのか。この答えが見えないでいたのだ。
「プロデューサーさん、一回深呼吸してください。」
 小鳥さんがその顔に優しい笑顔を浮かべてそういった。スーーーーハアアアアアア。
「プロデューサーさんは、最近張り詰めすぎですよ。なんかイノシシみたいに一生懸命走るんですけど周りが見えてないんです。ちょっと、一旦リラックスして考えを柔軟にしてみたらどうですか。」
 確かにそのとおりである。俺はどうやら二人を絶対に成功させてやろうと少し焦っていたのかもしれない。
「確かに・・・少し焦りすぎていました。すいません。で、小鳥さんは何に気づいたのですか?」
「ほら。もう焦ってる。」
「あ、すいません。」
「別にいいですよ(クスッ)。・・・あのね、プロデューサーさんはもし社長が何らかの理由で居なくなっちゃったらどうしますか?」

-その夕方、俺はアイドル候補生たちを夕方の川原の散歩に連れていった。
「やよいちゃん、これってセリっていう草じゃない?セリってとっても美味しいよね!」
「うぅ。これはドクゼリですよ。素人が下手に野草に手を出すと本当に死んじゃいますよ。」
「ははは・・・はぁ~。流石やよいちゃんにはかなわないよぅ。」
 二人は相変わらず仲がいい。しかし、野草に関しては百戦錬磨のやよいに軍配が上がったようだ。
 夕方の川原は実にいい。川原を走るように流れてくる涼しい風。開放感ッ!
「どうだ?夕方の川原もなかなかいいもんだろ、千早。」
 俺は二人を眺めている千早に話しかけた。
「なんですかプロデューサー。何かここでレッスンでもするのですか?」
 ははは、千早は相変わらずである。
「い~や!今回は重大な発表があってここに呼んだんだ。レッスンはなしだ、すまないな。」
 千早が少し不満そうな顔をして、何か口にしようとした時に、俺は川原で相変わらずはしゃいでいる二人に呼びかけた。
「お~い、春香、やよい、それと千早。今日は重要な発表があってここに呼び出した。今日から千早を新メンバーとしてユニットを組む!」

「ほぇ!?」
「え!?」
「プロデューサー?」

 三人とも豆鉄砲でも食らったかのうような顔をしている。こんなことは想定済みだ。
「いいか、今日から千早はお前らのメンバーだ。千早、よろしくな。」
「ちょっと待ってください!プロデューサー、そんなこと急に言われても困ります!」
「いいか、千早これはお前にとってもいいことなんだ。お前は最近アイドルランクも伸び悩んでいるし、この状況を打破するのにいい機会だ。春香、やよい、お前たちのユニットにはリーダがいなかったんだ。だから決して表には出ないのだが、バラバラな統一感の無さがユニットの方向性を決めるのを邪魔していたんだ。千早、お前にはこのユニットのリーダを任せたいと思う。その卓越した歌唱力とリーダシップでこのユニットを牽引していって欲しい。きっと人間的にも成長できるとおもう。春香、やよい、おまえたちの元気でこのユニットを引っ張っていくんだ。」
「千早」
「は・・・はい。」
「春香」
「はい!」
「やよい」
「はい!」
「ともにトップアイドル目指して戦ってくれるな!?」
「はい!×3」

 これが転機だった。

続くかもですぅ

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 あとがき

私のアイマスワールドって基本的に春香、やよい、千早で回ってるんですけどなんでだろ?w

ある日の風景 2010/08/02

pixivで公開した私の作品の転載です
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=14885

むせ返るような照り返しと、湿気。そんな暑い夏のある日。私は夫と息子と共に、とあるショッピングモールへ向かった。ショッピングモールは、乱暴なほどの冷気と大勢の人の熱気が渦巻いている。私はワガママ息子のおもちゃ売り場の前での駄々ごねに困り果てていた。そんな時に夫はトイレから戻ってくる。夫は私を一瞥するなり、駄々をこねている私の可愛い怪獣の前にプラスティック製のカエルのおもちゃを差し出す。すかさずその場で腹話術が始まるのだ。するとあれだけ駄々をこねていたのがとたんにおとなしくなって、うっすら笑ってすらいる。 「お母さん寒そうだから何か温かいものでも飲みに行こうか?ジュース飲み放題だぞ~!」  夫は本当に子供扱いが上手で、ちょっと嫉妬してしまうくらい。それでいて私のこともちゃんと気にかけていてくれる。本当にこんないい人に巡り合えたなんて、私は本当に、本当に幸せものだ。  1Fに降りる途中。エスカレータで夫と子供が、まだ腹話術をつつけている中で、私の目に懐かしい風景が飛び込んできた。ショッピングモールの大広場中央の特設ステージ。私の大事な仲間と、そしてプロデューサーさんとの思い出の場所。といっても、もう数十年前の事だ。外装には当然、面影なんて無いし、どうせ私たちが床に油性マジックで書いた落書きも消えているに違いない。  そういろいろと考えているうちに夫と子どもを見失ってしまった。 「お~い」  夫が手を振る、息子も調子にのってマネをする。それがちょっと可笑しくて私はクスッと笑ってしまう。私が愛する夫と怪獣の元へ向かおうと歩を進めた時、ちょうどカフェテリアのレジから猫背の男性が一人、帽子を深めにかぶって早足で出てきた。ちょうど私の視線ぐらいに見覚えのある顔が通り過ぎた。 「・・・」  もしかして・・・けど、もし人違いだったら・・・けど、そう思う前に私の体が動いていた。 「すみません、人違いだったら申し訳ないのですけど・・・もしかして・プロデューサーさんじゃありませんか。」  男性は足を止めた。数秒間の躊躇の後再び歩みを再開する。私はとっさに男性の前に割り込んだ。体が先に動くのだ。 「やっぱり・・・プロデューサーさんじゃないですか・・・」  男性は深く溜息をつく。そして、ゆっくりと帽子をとった。  嗚呼、やはりそこにはプロデューサーさんがいた。少しやつれて、帽子をとったばかりだから髪が少々荒れているが、やはりプロデューサーさんがいた。私の頭にあの頃の出来事が走馬灯のように思い出された。初めてのステージで緊張した私をΠタッチで茶化してくれたこと、千早ちゃんとケンカしたとき、私が一方的に言い負かされている間に入って仲裁してくれたこと、そして、仲間たちとの合同ライブが成功した時のプロデューサーさんの顔・・・そして、最後のライブのあと私の初恋が終わったこと。しばらく立ち直れなかった。あんなにいつも優しくしてくれたプロデューサーさんが・・・いや、でも、なんてずっと私の初恋はグズグズとくすぶり続けた。そんな、くすぶった状態を消し去ってくれたのが今の夫との出会いのはずだった。しかし、完全には消えてなかったのかもしない。 「・・・春香」  男性が口を開いた。私はハッとしてプロデューサーさんを見る。 「・・・・・・綺麗になったなあ。」 「プロデューサーさん・・・」 「すまない、気づいてはいたんだが家族団らんの楽しい時間にこんなむさ苦しい男がしゃしゃり出てくるのもねえと思ってね・・・すまない」 「すまないって・・・なんでっ・・」  もしかしたら私は泣いていたのかもしれない。自分の中には伝えたいことがたくさんある。あの日のあとのこと、ずっとくすぶった感情を引きずっていること。けど、それが声になって出ないのだ。言葉よりも先に感情が口から目から。私の中に込み上げてくるものが私の口に手を添えてしまう。 「お前も、もう一児の母かあ。・・・信じられないな・・それに比べて、こっちはもうダメかもしれん。」 「え」 「お前と愛の後に続くアイドルをプロデュースできないでいる。もう、プロデューサーやってるような年でも無いしな。今度のプロデュースが最後になるかもしれん。」 「・・そうなんですか・・」 男性は大きく息を吸い込む。 「・・・なあ春香。もしかしたら俺はずっとお前の幻影をプロデュースしていただけなのかもしれないんだぜ。お前の担当を外れた後も、別のアイドルをプロデュースするときも、いつもお前の影がちらついた。あの時の俺の判断は正しかったと思うが。俺の中での永遠のアイドルはお前だけだ。」  こんどこそ私の目から涙がこぼれた。声には出さない。けれども止めることのできない涙だ。  プロデューサーさんは私の手にハンカチを握らせると、夫に会釈をした。夫も会釈で返した。そして、もう一度帽子を深くかぶり、こんどこそどこかに行ってしまった。  私の初恋は完全に終わった。けれども、私は少し救われた気がした。

=現行の千早スレ750のアイデアをSSにしてみました!アク禁巻き添えで書き込めぬTT
プロフィール

Naka210

Author:Naka210
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR